教科ごとにきちんとした「問題の解き方」がある。

ブログ

定期試験で400点以上を目指すTsuchiya学習塾LINE@始めました。友達追加をよろしくお願い申し上げます。子供の学習相談・塾へのお問い合わせ随時募集しています!お気軽にLINEしてください。

友だち追加

【香港、無許可で大規模デモ=一部過激化、警官隊は催涙弾】

香港で「デモの間違ったやり方」が行われたために、警察当局ともめにもめています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190831-00000080-jij-cn

Yahooニュースより

このように物事には「やり方」がきちんと存在します。デモにやり方があるなんて初めて知りましたが(笑)

勉強でも同じこと。

例えば数学の場合、計算の「やり方」が存在します。

(3x+4)+(5+2x)

=7x+7x

=14x

という生徒がまあ多いこと・・・

 

まずはきちんと「やり方」を抑えるべきです。

(3x+4)+(5+2x)

=3x+4+5+2x (まずは()をなくしてしまう)

=3x+2x+4+5 (文字と数字、数字に分けて考えるために順序を入れ替える)

=5x+9 (それぞれ「数字の部分」だけ足し算する)

「やり方」を完璧に理解したうえで「自己流にアレンジ」して計算スピードをあげることができるのです。

 

自分勝手な方法で計算するから間違えることになる。

「マニュアル通りやればいい、工夫しなくていい」ではなくて、「やり方を理解したうえで工夫をすること」が大事です。

 

こんな話を中2の生徒にしております。

2学期が始まり、グラフ、図形が出てきます。「計算できる前提で話が進みますので、手遅れになる前に計算だけはちゃんとしておいた方がいいと思いますよ。」

「うちの子大丈夫からしのお母さんは無料体験学習へGO!!!」

「無料体験授業」のお問い合わせはこちらから。目指せ400点以上、松国・小金・幕総合格へ!当日はイヤホン・スマホ(あれば)・ノート・筆記用具・成績などがわかるもの(成績個票・通知表など)をご持参ください。




This site is protected by reCAPTCHA and the Google
Privacy Policy and
Terms of Service apply.