【内申対策】学期末テスト後にやるべきこと、次のテストに向けて

Tsuchiya学習塾

070-2171-1430

〒271-0064 千葉県松戸市上本郷4179 土屋ビル1F

開校時間:09:00〜21:45 休校日:水・木・日

ブログ

【内申対策】学期末テスト後にやるべきこと、次のテストに向けて

ブログ

2019/02/25 【内申対策】学期末テスト後にやるべきこと、次のテストに向けて

松国・幕総・小金高校など偏差値60前後を目指すTsuchiya学習塾
LINE@始めました。

 

 

友達追加をよろしくお願い申し上げます。
子供の学習相談・塾へのお問い合わせ随時募集しています!

 

 

お気軽にLINEしてください。

友だち追加

 

 

こんにちは

Tsuchiya学習塾です。

 

 

以前書いたもののリライトになります。

本日は「【テスト】学期末テスト後にやるべきこと、次のテストに向けて」についてご紹介いたします。

 

 

近隣の中学校はすでにテスト返却時期を迎えて、順位も発表されてうちの子どうしよう・・・

などと考えていることだと思います。

 

 

まずは直しになります。
ただ私が話す直しは「テスト箇所を復習すること」ではありません。

 

 

ではなにか?
それは「ニアミスの対策」をすることになります。

 

 

ついついニアミスだからしょうがないで終わっていませんか?

それダメですよ!!!

 

 

なぜこんなにニアミス対策うるさいのか?

「勉強時間を増やすことなく、対策でき、点数もUPするから」効率がいいのです。

基本的に中学校のテストは学年学期が進むごとに「難しくなる」傾向にあります。

 

 

顕著な例が中1の1学期と中1の2学期ですね。

 

 

科目は特に数学です。

中1の1学期は正負の計算が主だったのが、中1の2学期方程式の文章題(利益、食塩水、距離)や比例・反比例に変わって難易度が一気に上がります。

ここで一気に差ができてしまいます・・・

 

 

「難易度が上がる→点数が取りにくくなる」構造ですね。

だったら少しでもニアミスを減らして点数を上げる。

 

 

これが効率がいいと思います。

人がやるのだから、ミスはある程度あります。

 

 

ただ対策1つで点数が上がるのはいいことだと思います。

早速「ニアミス」とは?から話します。

 

 

いつもなら解ける問題だったのだが、解けなかった問題になります。

 
具体例で話すと
・「ワークと同じ問題」が出たことに気付いたのだけども、解くことができなかった。
・なぜか計算ミスをしてしまった。
・漢字を間違えて覚えてしまっていた。
・解答欄に書く答えを間違えてしまった。
・間違っているものを答える選択肢で合っているものを解答してしまった。
などなどたくさん出てくると思います。

 

 
このいつもならできていたけど「何かの原因」でできなかった問題
に対する対策をすることになります。

 

 

うちの生徒の例だと平均30点がニアミスで点数を失っています。

最悪50点失っている子もいました。

※500点満点で50点失ってしまった・・・余裕で350点以上狙えたのに・・・

 

 

これってすごくもったいないですよね。

いつもならできていたのに・・・

 

 

「いつもならできていたってホント?」

なら「なぜできないのか?」考える必要があります。

 

 

Tsuchiya学習塾ではそこをとことん掘り下げます。

※1週間くらいかけてすべてのニアミスの対策をします。

 

 

ここからが対策の仕方(具体的に話します。)

やり方はそんな難しくはありません。

 

 

1、全教科(5教科)間違えた問題でニアミスだった箇所を洗い出す。

2、ニアミスで失った点数の合計を紙に出してみる。※そして落ち込む(笑)

3、どんなニアミスがあったのか具体的に書いてみる。(1の問題すべてに対して)

4、なぜニアミスが起こってしまったのか考えてみる。

5、4の答えに更になぜを問いかけてみる。

6、5をもとに次回のテストに向けて、改善するにはどうすればいいか考える。

7、6の改善策をいつ読み込むのか計画する。

8、7の計画をもとに読み込み理解する。

9、テスト返却時にまた1~8を繰り返す。

 

 

具体例を1つやってみましょう。

 

 

1と2、は飛ばします。

3からやってみます。

 

 

3、数学大問3の(2)の符号間違いをしてしまった。(-1)×(-2)を(-1)×2と見間違えて、符号を逆にしてしまった。

 

 

4、なぜ見間違えてしまったのか?→テストの最初の問題で時間を使ってしまい、焦ってしまった。更に見直す時間も作れなかった。

 

 

5、なぜ最初の方で時間を使ってしまったのか?→解く順番を考えずにテストに挑んでしまったから。

 

 

6、最初にテスト全体を見渡して、計算問題からやる。更に見直しをする時間を必ず「5分」作って、計算問題を中心に確認する。

 

 

7、12月3日から1週間に3回は5分ほど改善策を読み込む時間を作る。その後12月10日から1週間に2回は5分ほど改善策を読み込む時間を作

る。テスト前日の12月17日

 

 

で8、9も飛ばします。

 

こんな感じでニアミスだけれども対策はできるのです。
ポイントは「数字を使って具体的に対策をする」こと。

 
よくありがちなダメなパターンで書いてみます。

(上記対策と比べてみてください。)

 

 

3、数学大問1の(2)の符号間違いをしてしまった。(-1)×(-2)を(-1)×2と見間違えて、符号を逆にしてしまった。

 

 

4、なぜ見間違えてしまったのか?→他の問題に時間を取られたから。

 

 

5、なぜ他の問題に時間を取られたから。?→難しかったから

 

 

6、ワークをたくさん解く。

 

 

7、定期テスト前にやる。

 

 

比べるとわかると思いますが、具体的でないためありきたりな対策(誰でも思い浮かぶ対策)になっており、

 

 

ニアミス対策になりません。これではテストで点数が上がることはないでしょう。
※初めてニアミス対策をする男子によく見受けられます。

 

 

ニアミス対策をするだけで塾平均「20点以上」は上がります。
※順位は10位くらい上がる。

 

 

なれてくればニアミス対策は3時間程度で終わります。
いかがでしたか?

 

 

本日の内容はここまでになります。
質問・疑問は個別にLineしていただければ解答致します。

 

お気軽にLINEしてください。

友だち追加

 

 

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
Tsuchiya学習塾
〒271-0064 千葉県松戸市上本郷4179 土屋ビル1F
電話番号:070-2171-1430
開校時間:09:00〜21:45
休校日:水・木・日
学習支援サイト(数学)はこちら「https://tsuchiyajuku.com/」
+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

TOP